検索エンジンを知るということ

アフィリエイトのプロモーションは、インターネットで行うことがほとんどです。むしろ、元手も原価もかからないインターネットを利用しない手はないのです。ですから、アフィリエイトで「成果」を出す際にはインターネットを無視できません。

インターネットの枠組み自体は大規模なインフラと、大手の検索サービス、大手ポータルサイトなどが作り上げている「複合体」です。それらすべてを把握することは至難の技であり、インターネット上のプロモーションを後押しする「代理店」がビジネスとして成立するほど、奥の深いものでもあります。その奥の深いインターネットで、自分の持つサイトがどのような点を利用すればいいのか、それをまずは把握しましょう。

個人が運営しているサイトで、ブログなどで、インターネットの広告に費用を投じてアクセスを稼ぐということはナンセンスかもしれません。アフィリエイトに出稿しているサイト自身が、すでにそのようなインターネットマーケティングを実践している場合、限られたインターネットの表示を奪い合うことになるかもしれません。そのようなことは、広告主は期待していないのです。広告主が期待しているのは、「自分たちが手の届かない場所でのプロモーション」であり、そのアフィリエイターが確保しているアクセス母数に対しての効果的な露出です。

「検索エンジン」というものがインターネットの基本的な仕組みの中で重要な位置を占めています。それは「キーワード」を入力して自身が望むサイトを見つけるための便利なツールです。私たちはひとつの物事を調べるにしてもさまざまな角度で調べるものです。つまり、さまざまなキーワードで調べるのです。それは特定の商品のレビューであったり、写真であったりします。商品のレビューほど、広告主が用意し辛いものはありません。そのようなものを広告主自ら用意しようとすれば、たちどころにそれは「ステルスマーケティングだ」と言われてしまい、忌避されてしまうのです。

ですが、アフィリエイターが用意するぶんには構いません。ですから、目指すべきキーワードは「商品名プラス使用感」などのキーワードです。それは広告では出しづらいものですから、自然と検索結果に対して表示されるものをクリックすることになります。そこにあなたのサイトがあれば、レビューを見るためにアクセスが集まるのです。

そのようなことを考えるのが「アフィリエイト」です。ただ案件を並べるだけでは意味がないのです。そのような戦略を考えることが「ビジネス」ですし、広告主もそれを望んでいるのです。そのようなことを実践するだけで、成果は倍変わるかもしれません。

つまり世の中にある無料で利用できるインターネットの枠組み、「検索」を抑えること。それがアフィリエイトを成功させるための近道なのです。「一般サイト」として、真実を書けるからこそ得られる信頼感があるのです。だからそ「見たい」という人がいるのです。自分が買おうとしているその商品は「実際のところどうなのか」ということを知りたいのです。そこを利用することは、ずるいことではありません。検索ワードはニーズです。そのニーズに対してどう応えるのかということで、成果が激変します。