アフィリエイトとは企業の衛星

アフィリエイト案件の根本は、「企業」です。アフィリエイトにおいて案件の源流は企業が自社の取り扱う商品をインターネット上でもっと露出したい、効果的に販促を行いたいということを考えて出稿するのです。

アフィリエイトプログラムは通常、ASPと呼ばれる仲介業者を介して締結するものです。仲介業者といっても、アフィリエイターと企業を対面でつなぐような仕事ではなく、アフィリエイトサービスのポータルサイト上で情報を開示し、アフィリエイターと企業はそのサイトを通じてコミュニケーションを図るのです。

ASPは無尽蔵にあるわけではなく、ある程度限られてきます。アフィリエイターとしてプログラムに参加、つまり企業と「提携」し、その案件のプロモーションをはじめるためにはまずはどこかのASPに登録する必要があります。アフィリエイトサービスプロバイダとよばれるそれらのポータルサービスは、無料で参加することができます。自身のWebサイト、プログ、さらにはツイッターなどを登録し、報酬の振込先などの情報を入力するだけで、アフィリエイトをはじめることができます。各プログラムには「成果となるゴール地点」があらかじめ定められていて、それを達成すると所定の報酬が得られます。

その「報酬」の出元は、そのプログラムを用意した企業です。その企業は効率の良いプロモーション、または「販促」として、実成果を望んでアフィリエイトプログラムを用意しています。通常インターネット上の広告や販促は「費用」が必要なのですが、それは成果が約束されたものではなかったりします。沢山の人が閲覧するホームページなどにバナーを出稿する際などはその枠、そして「期間」に応じた固定費が必要だったりしますし、インターネット検索結果の画面上に、キーワードに応じた広告を出稿する場合は「クリック単位」で課金されます。ひとつひとつの広告案件で、「どれだけの人が期待するアクションをとるのか」というアベレージを計測しながら、投下した予算に対してどれだけの売り上げをあげられるのかということを考えながらそれらの販促を行なっているのです。

ですが、アフィリエイトはそれらのさまざまな販促方法の中でもとても効率の良い方法です。それは「成果が発生した場合、それを承認して、その分だけ費用を支払う」というものだからです。一件の成果あたりの費用をあらかじめ決めることができ、アフィリエイトサービスを利用するための「固定費」をのぞけば、必要な予算は「成果に対する報酬」だけになるからです。

アフィリエイターは、そのように「成果」を望む各クライアントの販促の最前線です。雇用契約ではなく、成果報酬の契約ですが、各クライアントが望んでいる成果を数多く生み出すことができれば、企業の担当者もあなたのサイトを無視するようなことはないでしょう。アフィリエイトは何もないところから、一気にその企業の販促のエースに上り詰めることができるかもしれない仕組みです。企業にとっては、一件あたりの費用が決まっているのですから、あとは件数が大量に稼げればそれでいいのです。それらのことを鑑みて、アフィリエイターとして必要なことはなんなのかを導き出しましょう。