SAMPLE GALLERY

世の中にはさまざまな「稼ぎ方」があります。学校を卒業して「就職する」という道は極々一般的なものであり、安定して生きるためには必要なことかもしれません。ですが、「生き方」はそれだけが全てではないのです。

たまに耳にする、「パソコンだけがあれば稼げる」という状態は、実際に存在します。会社勤めでは月々の収入、年間の収入は限られているものです。ですが、自分の責任において、誰にも雇われず、自分がやりたいように、やりたいだけ働く方法があり、それも稼げる金額に上限がないとしたら、それは人によっては魅力的に感じる「仕事」かもしれません。ただ、「成果」がなければ収入はもちろんありません。まさに「一か八か」という状態が続きます。

「アフィリエイト」はそのような「稼ぎ方」を実現かることができる「仕組み」です。各企業、各ショプの商品などをインターネット上などで宣伝し、それがきっかけで所定のアクションを得られた場合に所定の「報酬」が得られるというものです。必要なものはインターネット環境と、宣伝を展開するためのホームページかブログ、そしてパソコンです。現在ではこのような環境は誰でも揃えることが可能で、いってみれば「誰でも簡単にはじめられる」ものとなっています。

ですが、「誰でも稼げるか」というと、そういうわけにはいきません。

アフィリエイトで「成果」となるアクションは人の「消費」になっている場合が多いです。案件によっては資料を請求すればいいだけ、などの場合もありますが、それにしても「個人情報」を登録したりするなど、人の「労力」を消費することには変わりません。アフィリエイトで稼ぐということは、人が「行動する」、「消費する」理由を提供するということです。対価を支払う価値がある、労力を割く価値があるということを、見ている人に納得させることが必要です。

それは容易なことではなく、ましてやアフィリエイターのホームページやブログなどは企業の公式サイトでもなければ販売サイトでもないのです。それはあくまでも「一般の」Webサイトでしかありません。その記事を買いているのはアフィリエイターであり、その記事の情報ソースはどこにあるのかもわかりません。

そのように、仕組みとしてはシンプルで、誰でもはじめることができる「アフィリエイト」ですが、その実満足のいく「成果」を得るためにはそれなりの努力と方法論が必要です。アフィリエイトの報酬は案件によってバラバラですが、会社勤めと同じくらいの金額を稼ぐためにはそれなりの「母数」が必要です。それは提携するプロモーションの母数であり、成果の母数であり、その成果を導き出すための「アクセス数」の母数であったりします。

誰でもできるようでいて、実は難しいアフィリエイトですが、「波」をつかむことができれば、もしかすると「サラリーマン」なんかにはならずに済むかもしれないのです。アフィリエイトは元手もなにもない状態ではじめることができる「ビジネス」であり、この世にインターネットがある限り、商品を宣伝したい、売りたい企業が存在する限り、なくなることはない枠組みです。アフィリエイトを利用して、限界のない「仕事」をはじめてみるのもいいかもしれません。